ジトジト手汗を止める方法

手汗がベトベトだった私が、手汗をなるべく出ないようにする方法・止める(治す)方法などをまとめました。お金がかからないものから制汗剤・注射・手術など幅広くまとめています。ぜひ一緒に、手汗サラサラ生活を目指しましょう!

手汗の手術の費用・内容・期間の相場をまとめてみた

2017/09/12

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

この記事では、手汗の手術の

  • 内容
  • 期間
  • 料金の相場

などについて、ご紹介しますね。

 

いま手術をお考えの場合は、参考になると思います!

手汗の手術の内容

多汗症(手汗、手掌多汗症)の治療方法には、心身療法や薬物療法、

発生装置治療、ETS(胸部交感神経遮断手術)があると言われています。

心理療法や薬物療法は、根本的な治療にならない

5da588f99b77077887b76a044ea6c8fd_s

この中の薬物療法は一時的な効果はあるのですが、

症状を治す事は出来ないので、ずっと病院へ通わないといけません。

 

 

なので根本的な治療をしたい場合には、神経を切る、焼くなどをして

神経の働きを止める必要があります。

代表的な手術:ETS(胸部交感神経遮断手術)手術

 

今までの手汗を根本的に治す手術は、効果はたしかにあるものの、

かなり時間がかかったり傷も大きく残るので、控える人が多かったのです。

 

ただ最近注目を浴びているETS手術の場合、

傷がとても小く、手術後の痛みや傷跡も殆ど感じません。

(片側で3ミリの傷を2ヵ所作って手術になります)

 

 

ちなみに手術の方法は、脇の下から内視鏡を入れて、映像で症状を確認しながら、

余分な交感神経を探し当て切断する手術になります。

 

神経を切断するので、効果は半永久的に続きますよ(^ ^)b

手術の時間

なにも問題なく順調終了すると、手術時間は30分もすれば終わります。

病院によっては、日帰り手術をされている所もあります。

 

多汗症(手掌多汗症)のETS手術は傷が小さく手術時間が短いので、

負担が少なく、次の日からはいつもの生活が送れるのです。

手汗の手術の費用

健康保険が適用さるので、3割程度の負担になります。

 

必要な費用は、だいたい10万円前後の支払いになりますが、

高額医療費変換手続きをする事で後日、ある程度の金額の払い戻しが出来ます。

ETS手術の副作用

ETS手術のデメリットとして、

  • 手術後に手汗なくなっても首や顔が火照る
  • 今まで以上に局部的な汗を感じる

という症状を、手術を受けられた方の30~70%が感じています。

 

やはり効果が強い分、副作用も起こりやすいですね(´Д`;)

 

 

実際に手術を受けられた方の体験談は、以下の記事でご紹介しています。

ETS手術に興味がある場合には、読んでみてください↓

⇒手汗の手術を受けると後悔する?実際の体験談を集めてみた

ボトックス注射

75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_s-600x398

ボトックス注射はボツリヌストキシンという液体を、

多汗症と思われる部分に注射し汗をおさえます。

 

ボトックス注射手術はメスを使用しない治療法なので手軽に出来るのですが、

効果は持続出来ず、3ケ月~1年位で効果が切れてしまいます。

ボトックス注射の時間

それぞれの病院で掛かる時間は違うと思いますが、手術自体に掛かる時間は

およそ15分位と言う事もあり、その日からいつもどおりの生活に戻れますよ。

ボトックス注射の費用

実は手汗のボトックス注射の場合は、保険適応外です。

なので少し費用が高めで、両手でだいたい5~15万円が相場のようです。

 

 

仮に手術代が10万円だとして、効果が半年で切れてしまうことを考えると、

ETS手術と比べて少し割高に感じてしまうかもしれません。

 

ただその分、副作用がほとんどないので、

安全面ではボトックス注射の方が上ですよ(^ ^)

手汗の手術・ボトックス注射ならココがおすすめ!

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

以上2つが、手汗の手術で有名な2つの方法になります。

 

もしこの記事を読んで手術について詳しく知りたいと思った場合には、

ぜひ聖心美容外科でカウンセリングを受けてみてください。

 

 

どうして聖心美容外科なのかといいますと、

  • 手汗の治療を積極的に行っているので、失敗が少ない
  • 治療方法が塗り薬から手術まで用意されているので、無理に手術を勧められない
  • 全国各地に店舗があるから、通いやすい

からです。

 

公式サイトを以下に貼っておきますので、ぜひ足を運んでみてくださいね(^ ^)

聖心美容外科

 

手汗を1週間止めるくらいなら、市販の制汗剤でもできる

貼付 ~ DSCN3037

この記事を読んで「やっぱりどうしても、手術は不安!」と思われた場合には、

病院でも処方される「強力な手汗専用の制汗剤」を試してみてはいかがでしょう?

(ちなみに、ネットで注文することもできます…そのほうが安いです)

 

流石に今回ご紹介した方法ほど効果は続かないのですが、

1回塗っただけで、長くて1週間は手のひらのカラッカラが続きますから(^ ^)

 

 

この制汗剤はパースピレックス(デトランスα)といって、

私もずっと愛用しています。

パースピレックス 使う前 パースピレックス 洗ったあと

 

詳しくは、以下の記事でご紹介しています。

よければ、目を通してみてください。

パースピレックスの使い方、効果、購入方法はこちら


このサイトから売れている、市販の手汗対策グッズ

第1位 デトランスα(パースピレックス)

貼付 ~ DSCN3024

a07国内のクリニックでも処方されている、本格的な制汗剤。国内でこれまで35万本以上売れていて、ほとんどの方が、この制汗剤で手汗対策をしている。

a07一度塗ると、3~5日間は何をしても手汗をかかなくなる(手を洗っても、お風呂に入っても問題なし)。

a07さらに、使い続けると、効果のある期間がどんどん長くなる(日曜の夜に塗るだけで、一週間は手汗の事を気にしなくて良い生活が送れる!)

a07ネット通販限定で、40%OFFキャンペーン中

a07このサイトでも一番に売れているので、迷ったらこちらがオススメ!

公式サイトはこちら
実際に使ってみたレビューはこちら

第2位 ファリネ

貼付 ~ DSCN2998

a07デザインがかわいいため持ち運びしやすく、女性に人気のある製品。and GIRL、美人百花など色々な雑誌で取り上げられている

a07無添加なので、肌が荒れやすい人でも使える

a07そしてなんと、30日の返金保証キャンペーン中!

a07ただデトランスαと違って効果が続かず、一日に何度も付け直す必要がある

a07また費用も、デトランスαと比べると高額

a07

手が荒れやすい肩や、デザインがかわいいほうが良い方に売れていますよ♪

公式サイトはこちら

第3位 マイプラネット コットン手袋

ダウンロード

a07手汗で手に持ったものが滑る・ふやける・べたつく、スマホが反応しない方にオススメ!

a07綿手袋なので通気性・吸水性がよく、生地が薄いのでフィット感も抜群

a07そしてなんと、スマートフォンに対応しています!

a07手汗で悩む場面が限られている、あまり深い悩みでない方に売れています

公式サイトはこちら

-手術